渡嘉敷 30度 720ml

泡盛では初となる、二つのお米をブレンド蒸ししたお酒を紹介致します。

 

「渡嘉敷 30度 720ml」

昔から泡盛の酒米として使用されてきたのはインディカ米ですが、

そのインディカ米でお酒を作ると、沖縄の蒸し暑い気候に適した

淡麗ですっきりとした味わいになり、それでいて熟成させると濃厚な甘みが

出てきて味に深みが増すといった特徴があります。

 

今回は、その亜熱帯気候の沖縄に向いたインディカ米の特徴を活かしながら、

国立公園に指定された慶良間諸島の中の一つ、渡嘉敷の水と太陽で育てた

風味豊かな黒米をブレンド蒸しにしました。黒米は古くから薬膳料理にも

使われ、別名「薬米」や「長寿米」とも呼ばれるほど栄養が豊富なことで有名です。

 

「渡嘉敷 30度 720ml」の特徴は黒米のゴマのような香ばしさが感じられ、

インディカ米特有の甘みと淡麗な酒質が合わさった泡盛に仕上がりました。

 

黒米を使用した、泡盛酵母と全麹仕込みの蒸留酒は初めての試みなので、

黒米の風味や成分が熟成にどう影響してくるか楽しみです。

 

渡嘉敷島でしか飲めない希少な酒になっております。

ぜひ、機会がありましたらお試しください。


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/07/29 4:57 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:103 最後に更新した日:2018/06/14

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM